読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROADTO みちログ

ひとのみちのブログ。大阪でiOSアプリの道を歩くフリーランス。

第55回 Cocoa勉強会関西 - iOS/Macアプリ開発勉強会に参加してきました。

久しぶりのCocoa勉強会関西。
前々回以来の参加。

場所はグランフロント大阪
大阪開催が非常にありがたい。

では早速(σ・∀・)σ


「Sprite Kitでつないでワクワク SKPhysicsJointクラス」
@studioshinさん

SpriteKit のお話。

本が当たるじゃんけんは負け。

SpriteKit は座標系が左下が0,0なんですね。
混乱注意。

SpriteってのはUIViewみたいなもの。
おっきいSpriteにちっさいSpriteを貼付けてくイメージ。

■物理シュミレーションの世界の話

・SKhysicsWorld
 物理シュミレーションの世界。ゲーム全体のこと。

・SKPhysicsBody
 物理シミュレーション上に存在する物体。物理的特性を持ってるんだって。
 たとえば、サイズ・質量・密度・摩擦。空気抵抗・弾み

■次は、オブジェクトつなげよう。
 そんなときはこれ。今回の本題。
 「SKPhysicsJoint」クラス。

 サブクラスは以下。
 ・SKPhysicsJointFixedクラス
  二つを一つに接合。ひとつであるかのように振る舞う。

 ・SKPhysicsJointSlidingクラス
  スライドさせる。

 ほかにもバネとか、関節みたいに接合するとか、とかいくつかのクラスも存在する。

cocos2dの発展系ですよねー。
らくちんに物理的世界作れるんね。
ゲーム作りたくなる。




「ゲームを作ってみる」
@oogonさん

ゲームはウハウハらしい。

なんでも作ってみるのが一番ですな。
アトラス。。あとらす?ってなに?初めましてさん。
エミッター?えみったーって何?パーティクルを飛ばす。

パスどおり動かすイメージがわかない。
大森さんはモーションパスエディタを自作されてた・・。すごい。

レイヤーの上下関係も自動で設定できて、後から書いても下に描画ってのも可能。




Xcode5で見つけた「どうでもいい」機能
熊谷友宏さん

Xcode正規表現で検索できる。
 もちろん置換もできる。
 検索モードをこれに→RegureExpression
 これね。
f:id:hitonomichi:20140419145912p:plain


■絵文字も使えて検索にも出るよ
 絵文字はここから。
f:id:hitonomichi:20140419151810p:plain

 選択するとこうなって選べる。
f:id:hitonomichi:20140419151817p:plain
コメントに入れて検索対象にしたらわかりやすい・・・かも!

■長いメソッド名はMacに読ます。
 続いておなじみ長いメソッド名のお話。
 長いからMacにしゃべらすと。


 ただし、ヒアリング弱者がつかうと・・

面白かった。



「dylibをリンクする話」
冨江 洋さん :

勉強不足でついていけなーい。。



「KVC Collection Operators」
くえびさん

KVC Collection Operatorsってのがあるのね。

おさらい。「KVO」は「Key-Value Coding」の略。
こんな感じ。
「.」(ピリオド)で相対的に値取得できる。

    NSDictionary *persoon = @{
                                                @"name": @"hitonomichi",
                                                @"items": @{@"item1": @"MEGANE"}
                                              };

    NSString *item = [status valueForKeyPath:@"items.item1"];
 
 //itemには@"MEGANE"が入ってる。


で、集合に関して便利に使う関数が用意されてる。

 @count カウント
 @avg 平均
 @sum 合計
 @max 最大値
 @min 最小値

書き方はこんな感じ。

	@min.price

こんなのもある。

 @unionOfObjects
  重複あってもそのままNSArrayで返してくれる
 @distinctUnionOfObjects
  重複を除去して返してくれる

 @unionOfArrays
  重複あってもそのままNSArrayで返してくれる
 @distinctUnionOfArrays
  重複を除去してNSArrayで返してくれる

注意点として。
コンパイラが教えてくれないから注意!
・見通しが悪い

■ドキュメント
https://developer.apple.com/library/mac/documentation/Cocoa/Conceptual/KeyValueCoding/Articles/CollectionOperators.html#//apple_ref/doc/uid/20002176-BAJEAIEE


「MagicalRecordでCoreDataをシンプルにする」
asakaharaさん

CoreData使いにくいよねーそんなときに
便利なライブラリがあるよってお話。

Podsから入れるべし。

「MagicalRecord」
サンプル↓
https://github.com/asakahara/ASHatenaBlogReader

CRUD書くのは見た限り簡単。
CoreDataの知識ありきで使うのが吉。

そして、最後になんと
見積もり依頼w

以上。


勉強会は知識蓄える所でもあるけど、
話されてることがわかるかどうかで自分の成長具合が計れる。
プリプロセッサとかライブラリのところは頭のファイアウォールを超えられなかった〜〜。

お疲れさまでした。

自己紹介
メガネは売っていません
高浜 一道(たかはま かずみち)
大阪でiOSアプリの道を歩くフリーランス。
iPad・iPhoneとサーバを連携した、JSONやDBといったキーワードが出てくるツール系が多めです。
お仕事のご依頼やご連絡はこちらから。
お仕事ください!
Web : ROADTO
ML : k-takahama(a)roadto.jp

個人的なアカウントはこちら。
Tw : @hitonomichi
Fb : kazumichi.takahama