読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROADTO みちログ

ひとのみちのブログ。大阪でiOSアプリの道を歩くフリーランス。

Road to Passbookの作成

Passbookを作ってみる機会があって色々調べたので残しておきましょう。
ではEnjoy Passboooooooooook!

前提

  • MacYosemite
  • 検証機はiPhone6plus iOS8.2。
  • iOS Developer Program に登録していること。
  • 自動更新とかサーバ絡んだことは考慮しない。

素材を集める

証明書を作成

「キーチェーンアクセス」ー「証明書アシスタント」ー「認証局に証明書を要求」
「CertificateSigningRequest.certSigningRequest」ができました。
あとで使います。

Pass Type IDsを作成

デブセンでPass Type IDsを作成します。
証明書(さっき作った.certSigningRequest)を使用します。
できたらDownloadします。
ダブルクリックでキーチェーンに保管します。

テンプレートをゲットだぜ

Passbookのテンプレートを取得します。
ここから。Passbook Support Materials
「Passbook Materials」てリンクからダウンロード。
落ちてきたpassbook_materials.dmgを開く。

必要なやつだけ別に置いてみたら分かりやすいんじゃね?

任意の場所にフォルダを作成。今回は「PassSample」とします。
「PassSample」にサンプルjsonファイルと必要素材のどれかを置きます。
今回は「Generic.raw」を使用します。
signpassのプロジェクトをXcodeでビルドし作成されたsignpassを「PassSample」フォルダに移動に置きます。
f:id:hitonomichi:20150328155047p:plain
こんな感じ。

Passbookの中に具を詰めます

pass.jsonを編集します。

まず、必要な情報があるのでキーチェーンアクセスから証明書を見てみます。
作成して保存した証明書を右クリックから「情報を見る」で開きます。 f:id:hitonomichi:20150328155028p:plain
詳細な情報を開くと、あったあった。

これらをpass.jsonに設定します。

  • passTypeIdentifierにPass Type IDを指定
    例)"pass.com.example.PassbookSample"
  • teamIdentifierに部署を指定。10桁の英数字文字列です。
  • organizationNameに組織を指定。

その他必要な項目を設定します。
ここを参考に。
Pass Design and Creation

オーブンに入れて出来上がりを待ちます

ターミナル起動。
「PassSample」ディレクトリに移動。
実行。
./signpass -p Generic.raw

Generic.pkpassができました!
ダブルクリックでプレビューできます。
作成手順は以上です!

アレンジで自分だけのPassbookを。

去年のWWDCで現地のディベロッパーは名刺をPassbookで持ってるって耳にしたので、
試しにひとのみちPassbook名刺をつくりました。
ひとのみちPassbook名刺
iPhoneだとPassbookアプリに入るよ。
え?いらない?ですよね。いらない人は燃えるゴミの日にだすか、かたつむりにあげてください。

別腹

余談ですが。 PassbookはiBeaconに反応してロック画面に表示しますが、
表示対象のPassbook複数あったらどうなるか。
たぶん並んで表示されるんやろーなーと思ってたら、、なんと! f:id:hitonomichi:20150328162438j:plain
思ってた通り並んで表示されました。

ちなみに、passTypeIdentifierが違えば別モノとして表示、
passTypeIdentifierが同じでserialNumberが違うと同じpassTypeIdentifierのうちどれか一つが表示されました。

食後に

PassbookはiBeaconや緯度経度に連動するし、
AppleWatchにも搭載されるし、
あんまり流行っていないけど、使い道はあると思ってるんですけどね。

自動更新とかサーバ絡んだことはまたそのうち研究します。

自己紹介
メガネは売っていません
高浜 一道(たかはま かずみち)
大阪でiOSアプリの道を歩くフリーランス。
iPad・iPhoneとサーバを連携した、JSONやDBといったキーワードが出てくるツール系が多めです。
お仕事のご依頼やご連絡はこちらから。
お仕事ください!
Web : ROADTO
ML : k-takahama(a)roadto.jp

個人的なアカウントはこちら。
Tw : @hitonomichi
Fb : kazumichi.takahama